群馬 高崎へ

13日の午前中に出発し東京駅から上越新幹線で約1時間、高崎へ
友人が車で迎えに来てくれて合流、その足で友人がおすすめの
ラーメン屋さんへ塩ラーメンが抜群のお勧めですと友人が
自信を持って言われるまま私も同じでと、、、
そして出て来た塩ラーメン、一口くちに含み ん、、、
これは 美味い! 
これ食べにくるだけでも価値があるかも、
大袈裟ではなく 真面目に
やはり地元の人が薦めるだけのことはありますね。満足しました。
そして14日に演奏するライブ会場へ、
といってもステンドグラス工房を経営されている
アーティスト舛田さんのアトリエで、工房、
ライブスペースのような多目的、趣味空間
スペースで防音、音響がしっかりされているスペースでした。
舛田さんへ挨拶した後
せっかくここまで来たのだからと車で約1時間位かけて、
四万温泉へ行ってきました
四万温泉街は蛍光灯などの灯りを一切使わないらしく、
灯りが優しい街でした。
それにしても 空気が濃くて、マイナスイオンが多くて、
気持ちよくて、最高でした
露天風呂も山から降りてくるマイナスイオンの空気を浴びながら
湯槽につかるなんて
ほんとに至福のときを体感させていただきました。
写真は四万温泉街にあるカフェでいただいた"Onsen Late"
おいしかった!
14日のライブは地元群馬で頑張っているバンド、
ライジ&チップスのゲストでギターを
弾かせていただきました。
彼らはまだまだ経験不足だしプレイも若いけど何か
ほかのミュージシャンたちとは違う素朴さや音楽を
追究していく心を持っている
平均年齢25歳の連中でした。
今回、あっと言う間の時間でしたけど たまには休憩が必要ですね、、、
ほんとそう思いました!
2008121316050001.jpg

Matsu-Jun Project

12日 自由が丘マルディグラでのライブ、無事に終えました
いや〜なんかほのぼのとしたライブで来てくれたお客さんも
いい感じだったし、演奏も良かったし、いい夜を迎えることが
できました。来てくれたみなさんありがとうございました。
Saxの園山さん(園やん)とも久しぶりに一緒に演奏することが
できたし、やっぱり素晴らしいミュージシャンですね!
Keyの大古さんとは初めてだったけどなぜか前から一緒に演奏していたような
感覚になっていて不思議な感じでした。彼女も素晴らしい!
相変わらず気持ちのいいGroove,Beatを出してくれる河崎くん
今回は予定外のCountも出してくれて大受けでした!
そしてBassのMatsudaくん、当日ミュージシャンにとっては心のダメージ
になる機材のトラブルにもかかわらず最後までいい演奏をしていましたよ。
プロだね〜!MCも?
そして久しぶりに自分のオリジナルも演奏させてもらいましたけど
気持ちよかったです、本当に! 今回はインストだけだったけど
次回は歌ものもやりたいな(ゲストを入れて)!

Matsu-Jun Project

今日、12日の為のリハーサルを演って来ました。
すごくいい感じです!

12/12(金)に自由が丘のライブバーマルディグラでBassの松田くんたちと
Matsu-Jun Projectをやります。
久しぶりにJunya Project時代の曲も演奏しようと思っていますので
みなさん、是非いらしてくださいね!
よろしくお願いいたします。
12月12日(金)自由が丘Mardigras(03-3722-6892)開場19:00/開演20:00/料金\2500
松田俊郎(b),長谷川純也(g),大古富士子(kb),河崎真澄(ds),園山光博(ts),
予約は下記メールアドレスにて受付中です。
自由が丘Mardigras
livebar@jiyugaoka-mardigras.com

パティ・ボイド自伝 Wonderful Today

いつも翻訳の仕事などでお世話になっている
友人、そして良き理解者である前 むつみさんが最近、翻訳を
された本がパティ・ボイド自伝“WonderfulToday"
本の帯から引用
ジョージ・ハリソン、エリック・クラプトン、
二人の偉大なミュージシャンは
パティの目にどう映っていたのか?
英米で出版されるやいなやベストセラーを記録した。
パティ・ボイドによる自伝、待望の邦訳版!
シンコーミュージック

前 むつみさんの力作です
ご興味ある方は是非、読んでください!
わたしもこれから読もうと思ってます。
それにしてもモデル時代のパティ・ボイド、すごく綺麗ですね!

51UFUX+3PGL._SS500_.jpg

Jackson Browne Japan Tour

Time The Conqueror Japan Tour
ジャクソン・ブラウンのライブに行ってきました!
開演ギリギリ間にあいました。 三茶の駅から走って、走って
ヒィーヒィー言いながら会場に入り席を見つけたと思ったら会場が
暗転になりジャクソン・ブラウンが出てきてコンサートが始まりました
タイミングはバッチリ。(せわしなかった!)
今までジャクソン・ブラウンのことは勿論、知っていたしアルバムも本も
多く所有しているのにライブ見るの初めてだけど、なぜか身近な感じがして
すごく心地よいライブでしたよ!
言葉は違うけどなぜか彼が歌っているメッセージが
こころへ届いていました。
1曲ごとにギターを代えていく彼をみて、こだわりを感じたし
サポートギターのマーク・ゴールドバーグの演奏も上質な職人の仕事
という感じで安心して聴いていられたし、彼も曲ごとにギターを代えていく
姿を見てプロフェショナルを感じました。
ライブを見て、聴いて何かを感じて、そして何かを伝えて何かをシェアする、
ライブって大事だなあ〜本当に!昨日ライブへ行けて良かった!
ライブが終わって感じたことは
ジャクソン・ブラウン、彼にはこれからもずっと歌っていてほしいと
こころから感じましたね。

photo.jpg
Calendar
<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52