elegant beast BA001 ギタリスト インタビューweb site

elegant beast BA001 を使用してくれている、ギタリストの
インタビューweb siteを作りました、最前線で使われている
elegant beast BA001を再確認してください ,
今回は是永巧一氏、徳武弘文氏のインタビューを掲載しています。

http://www.j-jpl.com/eb/

バナー1.jpg

新製品をご紹介します、Elegant Beast BA001

JPLから発売される新製品をご紹介します。
Fractal, Kemperなどに代表されるモデリングアンプ用に開発されたバッファーアンプです。
ハイエンドなオーディオ機器やスタジオ機器のカスタム・メイドや、プロ・ユースのレコーディング・スタジオのワイヤリングなども手掛けるコニシスより、JPLの依頼により実現した、マスタリング・ルームのカスタム・アンプやハイエンド・オーディオ機器のディスクリート・オペアンプと同じ品質を持つ、ギター用のバッファー・アンプが登場した。

 そもそもバッファー・アンプとは、音の大きさ(電圧)を変えずに電流だけを増幅するアンプのことだが、本機は何と電流を3万倍に増幅する。多くのエフェクターや長いシールド・ケーブルを経ても、信号の劣化すなわちギター・サウンドの劣化を強力に防いでくれるどころか、質を高めてくれるのだ。これはICオペアンプでは実現不可能なレベルのもので、ディスクリートによるオペアンプ構成ならでは。その美しくもパワフルなサウンドは、そのネーミングの通り、まさにエレガントな繊細さと野獣のような迫力を兼ね備えている。レコーディングにおけるギター・サウンドの質をとことん追求しているギタリストにとって、究極的な逸品となることだろう。
問い合わせ JPL.co.,ltd 03-3784-7544

MK-1.jpg

ギタリスト、是永巧一氏からのコメント

フレットポリッシャー使ってみました。いいですね!コレ。メンテに慣れていない人でも安心安全に磨きにくいフレットが磨けて、尚かつ音も良くなりますね。ただブライトになるんじゃなくてピッキングの食いつきが良くなって粒立ちもよくなります。(特に早いフレーズ)弾いてて気持ちいいです。


是永巧一
ギタリストとしてRebeccaのレコーディング、ライブに参加、以降ASKA,渡辺美里、福山雅治、宇都宮隆、RobertPalmer等のライブ、そして矢沢永吉、長渕剛、simonLebon等多くのアーティストのレコーディングに参加、また、アレンジャー・プロデューサーとしてもOneOkRock,黒夢、筋肉少女帯等多くのアーティストを手がける。

IMG_0292.jpg

ギタリスト、渡辺格氏からのコメント

ギタリスト渡辺格氏からのコメント。

最初に店頭で見た時は、ふ~んという感じでしたが、 このフレットポリッシャー、使ってみたらかなり便利な代物でした。 ギタリストには、細かいところまで自分でいじるのが好きな人と、 怖くてあまりいじれない人がいると思いますが、自分は比較的後者。 フレット掃除などはリペアの人に預けた時任せでした。 しかしこの製品が手元にあることで、 汚れが気になったら、サクッと弦交換時に磨くことができるわけです。 歯科治療で使われるセラミックを練り込んだラバーという事ですが、 やってみた実感は、フレットが削れるという怖さは全くなく 汚れのみが落ちてくれるレベルの、実に丁度良い感覚でした。 実施後は、演奏性、音の両方が向上するのがはっきりわかりました。 指板上の滑りが良くなり、音もブライトに。 これは持っておいて損はない、しかも誰にでも安心して使えるグッズです。 さて、また今からちょっとばかりほったらかしてたストラト磨きます。

ギタリスト渡辺格氏 プロフィール
30年に渡り日本のポップスシーンの中心を歩んできたギタリスト。 多くのレコーディング作品に参加。 コンサート参加アーティストは、加山雄三、森山良子ら大御所から リチャード・カーペンターなど国外アーティストも。 近年~現在も稲垣潤一、水樹奈々、杉真理、吉田拓郎らのコンサートに参加している。
12182352_862319920550236_1539763240_n.jpg

ギタリスト、田中育生氏からのコメント

ギタリスト 田中育生氏からコメント。

まず、最初に「フレット磨きとは大変手間のかかる作業です。」
プロ・アマ問わず、プレイヤーの皆さんの中でフレットのメンテナンス経験のある方は
少ないと思います。恥ずかしながら僕も時折、コンパウンドを使用してチャレンジしてみましたが、
手間のかかる作業と、仕上げの悪さにいつも挫折していました(笑)
 しかし、この問題は「Fret Polisher」を手に入れることによって、解消されました。
ありがたい事に、「Fret Polisher」はメンテナンスに必要なアイテムが、全て揃っているという事です。
簡単な作業と、仕上がりの良さには自己満足を超えた楽しさも持ち合わせている様に思います。
 普段、プレイヤーとしては、弦交換というリフレッシュ感を味わう事が出来ますが、
今後は皆さんにも「Fret Polisher」でメンテナンスされたフレットで爽快なプレイビリヤティを味わってもらいたいですね。
エレキギターだけでなく、アコースティックギターなども、ブロンズ弦を使用しているせいか?
不済や青錆のダメージ進行が早いように思います。
やはり、フィンガリングの際にはギター弦と同等にコントロールを必要とするパーツ部ですから、
「Fret Polisher」を活用した定期的なメンテナンスをお勧めします。

今更ながらですが、プレイヤーとしても重要な作業として
今後はレッスンでも、伝えていこうと思います。
IMG_0277.jpg
ギタリスト、田中育生氏 プロフィール
ギタープレーヤーとして、作曲、アレンジ、楽器メーカーの商品開発、デモ演奏、レコーディングセッション、音楽誌の執筆等の幅広い分野で活動中。また、自己の活動のほかに、山野楽器各店舗にて、オリジナルのカリキュラムによるミュージックスクールを展開。ギター講師の育成にも力を注ぐ。
コンピューター環境を駆使した音楽製作にも精通し、ロックスタイルをベースにジャンルを選ばない幅広いプレイスタイルに定評がある。
Calendar
<< February 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51